リクママのつぶやき

愛犬リクとの日々を辿りながら、思いついたことを、綴っていけたらなと思っております。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

だだちゃ豆

 今年もだだちゃ豆が届きました。いつもと違うのは、この味・香りを一番に喜んでくれる人が居ないのです。間に合わなかった。届くと時間との勝負とばかり・・・母がさっさと茹でてくれたものです。私は食べる人専門だったものですから、いざやるとなると、その兼ね合いが難しいのです。

 茹でる時にえもいわれぬ・・・いい香りがします。味もさることながら、その香りがいろんな思いを運んで来て、ちょっぴり複雑な思いに駆られてしまいました。上手に茹ったかな?美味しいですか?


           だだちゃ豆の由来

 福島県の伊達地方から持参した「伊達の茶豆」が訛って「ダダチャ豆」になったのだ・・・と唱える人、又、「新潟県で栽培されている「茶香り豆」が庄内に入って栽培される様になったのだと・・・と唱える人もある。
 何時ごろ入った来たかは定かではないが、当地区の白山地域の森屋藤次郎さんの母(初)が、寺田地域より「娘だだちゃ豆」と言う豆を貰い受けて、植えられ、その後毎年、丹念に選種されて栽培されたのが、現在の「白山だだちゃ豆」の始まりである。
               (大泉村史より
P10112191.jpg

【 2005/08/19 (Fri) 】 未分類 | TB(1) | CM(1)
☆101Radioさま
トラックバック・・・ありがとうございます。
ご指摘のとおり、気になっていたのです。
美味しいと能書きを謳っていながら、画像がその逆でしたからね。
また気がついたことがありましたら、アドバイス下さいませ。
【 2005/08/21 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

やはり、だだちゃ豆は美味い!!!
先日、親戚から今年もまた、だだちゃ豆がクール宅急便で送られてきた。枝豆と一言で言っても、その土地によって味がビミョーに違うのではと想像する。枝豆大好き人間としては、いろんな土地で出来た枝豆を食してみたいものだ。健康に留意することは必要なことではあるけど、
【 2005/08/20 】 1010 Radio